FC2ブログ
 エクセルフィットネスセンター 関連キーワード:フィットネスクラブ・スポーツジム / スポーツ施設
byエクセルフィットネスセンター

黙祷  1.17


12年前の117日朝5時46分に、それは我が家にも訪れました


当時、私は兵庫県の尼崎市に住んでいました。それは寝込みを
襲うように「ゴォ-!」という音とともに経験したことのない揺れが
突然やってきて、私達夫婦はただ恐怖から布団の下で身を縮めて
それが静まるのを待っただけで、逃げるとか小学生の時から、
誰もが受けている防災訓練のように頑丈な机の下に入り
身を守るなんていう余裕がなかったのが現実でした。
それでも、助かったのは、頑丈なマンションの造りと寝室に倒れて
しまうような物を置かなかったことと、慌ててその場から動かなかっ
たからです。
震災後2人の子供に恵まれ、上の子が今年12歳に成るのですが、
ここ日南市も地震の多い所なので今でも家族4人、物を置かない
殺風景な部屋で一緒に寝るようにしています。

地震などの大きな自然災害は人間の都合、自分の都合に合わせ
てはくれません。だから気をつけていても不運にも避けられない
場合もありますが、普段から防災意識を持つ習慣をつけていれば
自分の本能的行動も含めて怪我や被害を最小限に抑えられる
のではないでしょうか。
忘れてはいけません。1.17


   6434名の御霊に黙祷


| Mr.エクセル日記ホーム |

コメント

実は

私も関西にいて、その日地震の怖さを味わいました。揺れは収まっているのに、廊下を歩く際に壁をつかみながら歩く自分。
せめて自分の身は自分で守れるように準備したいですね。まだまだ苦しい思いを引きずっている方々がいらっしゃる現実が解消されますように。

近鉄ファンさんいつもコメントを有難うございます。

当時私は地区の消防団に入っていたので、自分の
鍛えた体力が少しでも役立てて良かったと思います

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://excel1999.blog85.fc2.com/tb.php/17-cc318f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ